MENU

セルシオを売る時はディーラーに下取りに出すのもあり?

乗り慣れたセルシオを売却して次の車を購入するということになると、買取か下取りという二つの方法があります。
現在では一般的に買取のほうが結果的に金銭面では得になるという考え大勢となっています。実際に中古車の買取から新車購入までトータルで考えた場合でも買取のほうが得になるようです。
そうなると下取りからの新車購入というパターンのメリットはどこにあるのかということですが、これはひとえにワンストップで新車購入ができる点でしょう。
買取の場合は買取と新車を購入するところは別々となりますから、少なくとも2社との交渉で車を購入しなくてはいけません。この部分を煩雑に感じる人はディーラー下取りを選択するのです。
他にもディーラー下取りのメリットはあります。
特に人気車を購入する場合は納車が遅れ気味になることがあります。そのような場合でもそれまで乗っていた車に納車まで乗り続けてもいいのです。
プリウスなどは納車まで半年かかるということも多かったのですが、そういった場合はディーラー下取りしか選択肢はないでしょう。新車購入だけの場合は納車まで代車を貸してくれることはありません。それまで車を乗っていてもいいのは下取りの大きなメリットといってもいいでしょう。
半年も乗っていると当然中古車としての価値は下がってしまいますので、売却側としても大きなメリットと考えてもいいでしょう。
逆にディーラー下取りは買取と比較しても査定額が渋いという声があるのですが、こういった面を考慮したものであるのでしたら一概に下取りのほうが査定額が低いということにはならないのかもしれません。
また、下取りをする人というのはそのディーラーに古くからつきあいのある人も多く、年配の人は特にディーラー下取りの比率が高いという調査結果もあります。
下取りの査定額としてはディーラーの査定表などのしがらみがあるのでそれほど高査定にならないのですが、その分新車割引などで帳尻を合わすようなことをしてくれる場合もあります。こうしてみると買取と下取りではトータルではそれほど消費する金額に差が出にくいものかもしれません。
今では、ネットの一括査定サイトなどを活用して買取専門の業者との取引が活発となっていますが、車の売却から新車購入までが一連の流れでできる下取りも捨てがたいと思っている人も多いです。
車を乗り換える際は買取一辺倒というわけでもなく下取りという手法も考えてみるといいでしょう。

このページの先頭へ