MENU

買い替えと買取査定の流れについて

セルシオ等の中古車を買い替えるとき業者が指定する買取査定期間は概ね1週間前後です。
これは日々車の価値というのは変動していきますから、一週間を限度としている業者が多いからです。
変動と言っても価値があがることは稀でほとんどの車は今こうしている現在でも時々刻々とその価値を低下させているのです。

 

査定は車を売りに行った店で、その場で判断できるというものではありません。
車の状態を完全に査定するには、かなりの時間がかかります。ですから査定表といったものもあるのですが、最終的には人の目によって査定額が決まってきますので時間がかかるのもやむをえないのです。
車の買い替えを考えたときには、下取りか買い取りかということをしっかりと考えなくてはいけません。
少しでも多くのお金を得たいということであれば、買取のほぼ一択となります。
一頃までは下取りのほうが一つの業者で済みますし、かつ下取り査定も買取と比べても有利な面があったのです。それが様々な販売ルートが確立されてくると、下取りよりも買取査定のほうが高くなるようになってきました。
下取りをメインにしているディーラーなどは新車購入のインセンティブなども考慮してきたのですが、それ以上に買取査定のほうがお得な状態となってくると、車を手放す側としても一円でも有利になることを考えると買取という選択肢を選ばざるを得なくなるのです。
買取査定の流れは現在はネットの一括査定サイトでの複数の業者に参加してもらっての査定が一般的となっています。
これも、少しでも買取金額を上げるためのシステムなのですが、利用者側に有利な点がある以上に業者側としてもメリットがたくさんあるのです。それは、お店の来る人を相手にするのではなく、ネットを介して様々なビジネスチャンスが生まれるということがあげられます。
もちろん買取査定額自体をがんばらなくては利用者からの指名を受けることができませんので、指名を受けるための努力が生まれますし、その努力が企業としての活性化にもなっているのです。ですからネットの一括査定のシステムは利用者にとっても業者にとってもまさにウィンウィンの関係といってもいいでしょう。
一括査定サイトで提示された査定金額を見て、利用者は業者の選定をします。
ここでは一社しか選べないのですが、サイトによってはさらに複数の業者を指定しての競合となる場合もあります。
もっとも一般的には一対一の交渉と考えていいでしょう。
本査定では、最初に提示された査定額よりも低くなるのが一般的です。
できるだけ下がらないように利用者側としてはアピールポイントをしっかりと持って交渉をしなくてはいけません。
大筋で合意すれば売買契約ということになります。
なるべく高く査定して貰いたいと考えている人は、売る車の良い点や優れている点などを買い取り業者に積極的にアピールすることも大切です。

また、冒頭にも書きましたが、査定額の有効期間というのが決まっています。
決断はできるだけ早いほうがいいでしょう。
即断即決が望ましいのですが、できれば3日以内程度の決断がいいでしょう。

このページの先頭へ